「プロ野球ユニフォーム物語 増補改訂版」編集作業
2005年に刊行された「プロ野球ユニフォーム物語」ですが、その後、日本プロ野球界には、公式戦用ユニフォームのニューモデル以外にもセ・パ交流戦用、サマーユニフォームをはじめとした新たなユニフォームが次々と登場し、ユニフォーム・ブームとも言うような状況になってしまいました。さらに新たなデータの発掘もあり、2009年はセ・パ2リーグ分立60周年ということもあって、改訂版を発行することになりました。
改定の作業にそろそろ入ります。今しばらく時間がかかると思いますが、発刊を楽しみにお待ちいただきたいと願っております。
「The Ritomo`s Baseball Club」について
「The Ritomo`s Baseball Club」というブランドでプロ野球の歴史をモチーフとしたグッズをウエア類を中心に製作してまいりましたが、現在はプロ野球各球団がそれぞれ自らの歴史についてのグッズを製作するようになって来ました。いちばん嬉しかったのは、あの西武ライオンズまでもが西鉄ライオンズのグッズを販売するようになったことでした。90年代にアメリカで球団のヒストリー・グッズに出会い、日本でもこういう商品があったらいいなということで、プロ野球グッズに関する啓蒙活動としてはじめた「The Ritomo`s Baseball Club」ブランドでしたが、各球団に歴史グッズが登場するようになった今、そろそろその任務を終了してもよい時期に来たような気がします。とりあえず在庫品がありますので、しばらく販売を続けてまいりますが、在庫品がなくなりました段階で、「The Ritomo`s Baseball Club」のヒストリック・グッズの販売は終了する予定です。
東京ヤクルトスワローズのグッズカタログ編集。
 毎年、東京ヤクルトスワローズのグッズカタログの編集を担当しています。表紙を描いているのは綿谷寛画伯です。
 巻頭ページでは、毎回、スワローズの意匠に関する記事を綱島理友が書いています。今回はキャップの歴史について簡単にまとめております。
 入手ご希望の方は、2008年度版でしたらヤクルト商事のサイトからカタログを請求することが出来ます。

 ただし2006、07年度版につきましては、すでに在庫切れです。