1947年から51年
画像データ等の勝手な流用は固くお断りします。掲示板等への直リンクも禁止します。
 先日、コレクションしているプロ野球関係の古雑誌をペラペラめくっていたら、1949年の『野球時代』という雑誌に、ユニフォームについてこんな話が書いてあった。
ダイナマイト打線の中核、別当薫と藤村富美男。写真提供ベースボールマガジン社。
「ホウクスやフライヤーズのように、本名やニックネームが何度も変わったティームが、その都度ユニフォームを変えるのは止む得ない。だが同じ名の球団が、ひんぴんとしてユニフォームを変えるのは賛成出来ない。(中略)ネズミ色にストライプの入ったタイガースのユニフォームには、景浦や松木の思い出が、焼き付くような印象になって残っているのに、何故それらを消さなければならないのだ」
 当時の表記をそのまま書いているので、一部ヘンな箇所がありますが、ココでヤリ玉に上がっているのは、48年に大阪タイガースが採用した、俗に黒のユニフォームと言われている紺色のユニフォームだ。
 しかしこのユニフォームが登場した理由は、戦後の物資不足だったという話を、以前タイガースのオールドファンから聞いたコトがある。本当は伝統の縦縞のユニフォームにしたかったのだが、縞の生地が手に入らず、やむなく紺色の生地で仕立てるコトになってしまったという。
 戦時中、タイガースはユニフォームの生地の反物を疎開させていて、戦後プロ野球が復活したときには、それを使って縦縞のユニフォームを製作していたそうだ。この話は当時、阪神軍の選手だった宮崎剛さんから聞いたんですけど、しかし、ついにその生地も切れてしまったらしい。
 実際、48年頃と言えば、街にはまだ闇市が立ち並んでいた経済統制の時代。伝統とか言う以前の問題として、手に入らなかったんだから、しょうがない。
 ところがこのユニフォームは、かつて史上最強と謳われたダイナマイト打線と一緒に登場したために、タイガースのユニフォーム史の中では、強い印象を人々の間に残すコトになってしまった。
もう一種類の白いユニフォーム。若林忠志監督。
 使用期間は48年と49年のわずか2年間と、ごく短期。
 ところがこの時代を知らない世代の間でも、この異端のユニフォームの認知度は非常に高い。かつてタイガースが黒いユニフォーム(正確には紺色だけど)を着ていたコトを知っている人はけっこう多い。
 これはまさしく伝説のユニフォームである。
 その理由は、50年の2リーグ分裂で、別当薫、土井垣武、呉昌征、本堂保次といった主力が毎日オリオンズに引き抜かれ、あっけなく崩壊したダイナマイト打線と共にこのユニフォームもあっさりと姿を消したからかもしれない。
 つまりダイナマイト打線の誕生と共に生まれ、その崩壊にも殉じてしまったワケだ。
 一方、48年に登場した縦縞ナシの白のユニフォームの方は、2リーグ分裂後の51年あたりまで使われていた。
 この時代の白いユニフォームには2種類のバージョンがありまして、その違いは首回りから前立てにかけてのラインの本数だった。
 ひとつは今回メインで紹介している1本ラインで、もうひとつは右の2本ラインのユニフォームである。当時、白いユニフォームは、この2種類がどういうワケなのか、しばらく平行して使われていたのであった。