「綱島理友のユニフォーム物語」の
バックナンバーをピックアップして掲載しています。

画像データ等の勝手な流用は固くお断りします。掲示板等への直リンクも禁止します。
1959年 1953年、セ・リーグの大洋ホエールズと松竹ロビンスが合併。しかし一年目は二つの会社が並立。球団自体の合併が成立したのは翌54年であった。合併球団のユニフォーム
1960年から61年 1960年、魔術師三原脩監督が率いて最下位から奇跡の日本一となった大洋ホエールズ。実はこのときユニフォームの袖にも三原マジックが隠されていたのであった。
1950年 1950年、セ・パ2リーグ分立の年に、讀賣ジャイアンツが採用したちょっと変わったドイツ式飾り文字の帽子マークと、独特のスタイルのユニフォーム。
1947年から51年 戦後まもなくの1947年、伝説のダイナマイト打線と共に登場した大阪タイガース異端のユニフォーム。採用の理由は戦後の物資不足だった。
1950年 西日本パイレーツと合併する前に、たった一年だけ使用されたクリッパーズというニックネーム。ライオンズとなる前のクリッパーズ時代のユニフォームは、どんな形だったのか。
1950年 ホーム用はニューヨーク・ヤンキース、ビジター用はブルックリン・ドジャースのスタイルを採用し、メジャー人気2球団にあやかろうとしたユニフォーム。
1961年から67年 まるでジャイアンツのユニフォームのようだと言われた、水原茂監督率いる東映フライヤーズのユニフォーム。しかしそこには隠し味があった。
1955年 日本球界で初の300勝をあげたスタルヒンの着ていたユニフォームにはトンボ鉛筆のトンボのマークがついていた。
1966年から68年 グラフィックデザイン界の第一人者亀倉雄策、ファッション界の第一人者石津健介、そして漫画界の第一人者手塚治虫。各界のトップランナーによる合作ユニフォーム。
1955年から56年 準備中
1969年から73年 知る人ぞ知る、『巨人の星』の中でアームストロング・オズマが着ていたユニフォームは、球界の洒落男、水原茂監督のデザインであった。
1947年 準備中
1958年 この年、パ・リーグの最多勝は稲尾和久投手の33勝。近鉄パールスの勝ち星は29勝。なんと稲尾一人の勝ち星にも及ばなかった年に着用していたユニフォーム。
1960年から61年 準備中



ユニフォーム物語掲載全リスト準備中