WHALES(ホエールズ)
【大洋1950年〜52年、大洋55年〜77年、横浜大洋78年〜92年】


 日本野球連盟がセ・パ2リーグに分裂しつつあった1949年11月22日、大洋漁業(現マルハ)を親会社とする、まるは大洋球団が誕生した。
 当時、大洋漁業は社会人野球の強力なチームを擁していて、このチームを母体としてプロ野球球団を発足させ、セ・リーグに加盟した。
 ニックネームは大洋漁業の看板であった捕鯨から、何の迷いもなくホエールズと決定する。当時の野球雑誌を見ると、オーナーが「鯨の2、3頭もよけいに捕れば、スター選手の20人、30人雇うのはなんでもない」と豪語していたなんて記事がけっこう目に付く。実際、ホエールズは他の新設球団よりも資金力があったようで、各球団から有力選手を集めていた。
 その後、53年から54年の2年間だけ、老舗球団松竹ロビンスとの合併でロビンスを名のった時期もあるが、あとは78年にフランチャイズの川崎から横浜への移転に伴い、球団名が大洋から横浜大洋に変更されたくらいで、ニックネームのホエールズはそのまま92年まで使われた。

Whales (Taiyo 1950-52, 1955-57, Yokohama Taiyo 1978-1992)

In 1942, when the Japanese Baseball Association was divided into the Central league and Pacific league, Taiyo Gyogyo (Maruha at present) origiated the Maruha Taiyo team on November 22.
At that time, Taiyo Gyogyo had very strong amateur team which formed the nucleus of their professional baseball team and joined the Central league.
The nickname, Whales, was selected immediately because Taiyo Gyogyo was in the business of whale fishing. Magazine articles from that time report the owner as saying if they could catch two or three whales more, it would be a piece of cake for them to hire twenty to thirty star players. In fact, they had more powerful players than other teams.
The team was called Robins only between 1953 and 1954 because they were combined with Shyochiku Robins. This nickname was used until 1992 with name changes of the team from Taiyo to Yokohama Taiyo as their home stadium had been changed to Yokohama.