UNIONS(ユニオンズ)
【高橋1954年、トンボ55年、56年高橋、57年大映】 


 1954年、パ・リーグに突如出現したのが高橋ユニオンズという球団である。
 2リーグ分立以来、7球団制を続けてきたパ・リーグだったが、奇数球団の場合、試合消化を考えると効率が悪い。そこで当初パ・リーグは1球団削減の6球団制を考え、53年、勝率3割5分を切ったチームは休業する申し合わせをしてシーズンをスタートさせた。
 ところが存続を希望する7球団は必死で戦い、結局、全球団そろって勝率3割5分以上を維持、休業球団はナシという結果に終わっていた。
 そこで次にパ・リーグが打ち出したのが、1球団削減ではなく1球団増設だった。
 新球団設立をかって出たのは、元大日本麦酒(現在のアサヒビールとサッポロビール)社長で元通産大臣の高橋竜太郎。彼は戦時中も後楽園球場から絶縁され資金難に陥ったイーグルスを個人資金で支援するなど、野球好きとして知られていた。
 そしてパ・リーグ各球団は選手を供出し、高橋さんの名字がそのままついた高橋ユニオンズが誕生した。
 当初この球団のニックネームは、戦前に高橋さんが支援していた関係からイーグルスになると思われていた。実際、当時の雑誌『野球界』などに高橋イーグルスと書かれた記事もある。
 しかし新球団のニックネームはユニオンズとなった。
 ちなみにこのユニオンズ、寄せ集め集団というコトから命名されたワケではなく、戦前に大日本ビールで作られ、2社分割後は輸出用ビールとして朝日麦酒で作られていたユニオン・ビールから名づけられたという。
 実はこのビール、球団設立一年前の53年で製造が中止となっていたのだ。
 高橋さんは自ら手塩にかけたビールのブランド名が消えてしまうのがなごり惜しかったのかもしれない。
 一応、ニックネームについては公募も行われて、2万通ほどの応募があったのだが、最終的にはオーナーゆかりの名前が採用されたのであった。
 翌55年、スポンサーにトンボ鉛筆が名のりを上げ、年間名義料3千万円を支払い、球団の名称はトンボユニオンズとなる。ところが成績不振から1年で撤退。56年は再び高橋ユニオンズに戻ってしまった。
 その結果、経済的に行き詰まり、57年2月26日に大映スターズと合併する。
 この合併は実質的には大映による高橋の吸収合併だったが、ニックネームのユニオンズだけは生き残り、合併チームの球団名は大映ユニオンズとなった。
 しかし翌58年、大映が毎日オリオンズと合併して、大毎オリオンズとなったので、ユニオンズというニックネームは姿を消した。
 この結果、パ・リーグも6球団制の道を歩むコトになったのである。

Unions (Takahashi- 1954, Tombow- 1955, Takahashi- 1956, Daiei-1957)

The Takahashi Unions made their appearance in the Pacific league in 1954.
The Pacific league had had seven teams since they were divided into Central league and the Pacific league, but having an odd number of teams was inefficient for playoffs and tournaments. Therefore, the league told all the teams that the team whose winning percentage is below .350 would be disbanded. However, all the teams played really hard during that season and as a result no team had a winning percentage below .350.
Then, the Pacific league came up with the idea that they could add one more team.
The owner of the new team was Ryutaro Takahashi, who was the president of the former Dai Nippon Beer Company (Asahi Beer and Sapporo Beer now) and a former Minister of International Trade and Industry. He was well known as a big fan of Baseball. Indeed, he was dedicated enough to support the Eagles team, which had serious financial trouble, with his personal funds during World War II. Every Pacific league team offered their players to the new team. The team was named the Takahashi Unions in honor of Ryutaro Takahashi.
At the beginning, people thought the team name would be the Takahashi Eagles, since he had supported the Eagles so faithfully. Actually, one of the magazines, Yakyukai (Baseball World), used the name Takahashi Eagles at first. Nevertheless, the new team was nicknamed "Unions". The name came from the name of the beer. Dai Nippon Beer used to make beer before World War II. After Dai Nippon Beer was divided into two companies, Asahi Beer made the beer for export only until 1953. Mr. Takahashi was reluctant to discard the brand name that he had established. The company invited the public to vote for the name and they got about 20,000 votes.
In 1955, Tombow became the team sponsor, and the team became the Tombow Unions after they paid 30,000,000 yen for the name for a year. However, the team became the Takahashi Unions again in the next year because the team played poorly and Tombow withdrew as the team sponsor. As a result, the team financially reached a dead end and combined with the Daiei Stars on February 26, 1957. It was actually a merger by Daiei. The name Unions remained and the name of the new team became the Daiei Unions. In 1958, Daiei combined with Mainichi Orions and the team became Omai Orions and the nickname, Unions, was finally gone. Therefore, the Pacific league only had six teams after that.