SENATORS(セネタース)
【東京1936年〜39年、セネタース45年〜46年】

 大日本東京野球倶楽部が1934年に結成され、相次いで職業野球球団が設立される中、1936年の1月17日、東京野球協会、東京セネタースが結成された。
 これは競馬の有馬記念でその名が残る貴族院議員の有馬頼寧伯爵が西武鉄道と組んで発足させた球団で、社長に就任したのは有馬伯の実弟で同じ貴族院議員の安藤信昭子爵だった。
 つまりニックネームのセネタース(上院議員)は、このふたりの貴族院議員が球団に関わっているコトから命名されたワケだ。
 しかし戦時下の41年、日本職業野球連盟の理事会で日本語化が決定され、セネタースは一般から公募を募って、翼軍と改称する。これは有馬伯が大政翼賛会の事務総長を務めていたコトもあり、飛行機の翼にも通じるコトからの命名と言われている。
 そしてさらに41年、主力選手の軍隊への招集が相次ぎ、翼軍は名古屋金鯱軍と合併して大洋軍とチーム名を変更、そして43年、九州の西日本鉄道に経営母体が移って西鉄と名のるコトになった。
 だが結局、この年の12月25日、ついに行き詰まって解散してしまった。
 ところが終戦を迎えた45年、セネタースの初代監督だった横沢三郎が中心となって、新たに俗に第二次セネタースと呼ばれる球団が設立された。
 経営母体は戦前のセネタースとはまったく別で、会長に元華族の西園寺公一が就任していたが、実質的なオーナーは銀座の高利貸しで、球団の系図としては別系列として扱われている。
 まあ、とりあえずニックネームだけは復活したという感じだったワケです。
 しかしホームランバッターの大下弘を擁するこの球団は大ブームを巻き起こし、当時はジャイアンツをも凌ぐ人気といわれていた。ところがやはり経営母体があやふやだったために経済的に行き詰まり、47年東急電鉄が経営を肩代わりするコトになる。そして球団の名称も東急フライヤーズに変更され、結局セネタースの復活はわずか1年ほどの短い期間になってしまった。

Senators (Tokyo 1936-39, Senators 1945-46)

The Tokyo Baseball Association, Tokyo Senators were started on January 17, 1936, since many professional baseball teams were established after 1934, when Dai Nihon Tokyo Baseball Club had started. This team was created by count Yoriyasu Arima. His name is well known as the title of a horse race. He was a member of the House of Peers. He formed the team with Seibu Tetsudo. His young brother, Viscount Nobuaki Ando, became a president. Viscount Nobuaki Ando was also a member of the House of Peers. The team was nicknamed Senators because two members of the House of Peers were involved in starting the team. In 1941, the team offered a public subscription for Japanese nickname, because of the war. The Senators were renamed Tsubasa Gun (team), which means Wing team. That name was chosen because Count Arima was the president of Taisei Tsubasa Kai and also Tsubasa is related to the wings of airplanes. Soon, major players were called up into the military so Tsubasa were combined with Nagoya Kinshachi Gun and became Taiyo Gun. Nishi Nihon Tetsudo took over the team management in 1943, and the team was called Nishitetsu. However, they reached a dead end and the team was dismissed on December 25 in the same year.
After the war in 1945, the first manager of Senators, Mr. Saburo Yokozawa, made a new team named Second Senators. The parent company was completely different from the previous one and former Noble Koichi Saionji became a chairman. However, the actual Owner was a moneylender in Ginza. Anyway, the nickname was revived.
Actually, this team had a home run batter; Mr. Hiroshi Oshita, and became as popular as the Giants. Still, they management was not well organized, so they reached a dead end and Tokyu Dentetsu took it over in 1947. The team name was changed to Tokyu Flyers. As a result, the revival of the Senators was only for a year.

 



STARS(スターズ)
【金星1947年〜48年、大映49年〜56年】



 戦後すぐの1946年、復活したプロ野球に新球団として参加したのがゴールドスターであった。
 朝日軍のオーナー田村駒治郎の田村駒商事で重役をつとめ、戦時中に選手たちの面倒を見ていた橋本三郎が、監督の坪内道則らと共に設立した球団で、かつての大東京、ライオン、朝日軍で活躍していたスター選手が集まっていたので、名称はゴールドスターとなった。
 ただしコレは、ニックネームというよりも球団名に近い。昔は阪急、名古屋などのように球団名が通称のチームもあれば、タイガースや巨人のようにニックネームが通称のチームもあって、そのスタイルはバラバラだった(今も巨人だけニックネームが通称だが)。
 ゴールドスターは球団名とニックネームを兼ねた極めて日本的な名称と考えるコトも出来る。
 しかしこの不思議な名称も翌47年、金星スターズと改称され、少しスッキリする。ところがこの金星もゴールドスターを和訳したモノで、ビーナス(VENUS)の金星とは別のモノだった。つまり金星スターズはゴールドスター・スターズってコトになる。
 当時の球団名称は、ある意味で支離滅裂であった。
 実際、あともうひとつ、坪内監督たちが袂を分かった朝日軍もオーナー田村駒治郎が朝日を太平パシフィック(のちの太陽ロビンス)と改称している。こちらも和訳すると太平太平になってしまう。
 さて、そんな金星スターズですが、49年、大映映画が経営権を買い取り、大映スターズとなる。ニックネームはちょうど映画会社にピッタリのスターズ。これで納まりも良くなった。
 ところが56年に高橋ユニオンズの経営難から合併するコトになり、チーム名は大映ユニオンズと改称。スターズというニックネームは日本球界から姿を消した。そしてこの球団はさらに58年、毎日オリオンズと合併し大毎オリオンズとなった。
Stars (Kinsei 1947-48, Daiei 1949-56)

Just after the War in 1946, a new team, Gold Star, joined the professional baseball world. Mr. Saburo Hashimoto formed the team, with the manager, Mr. Michinori Tubouchi. He was a company director of Tamura Koma, The owner of the company also had Asahi Gun (team). He also took care of players during the war. The team was named Gold Star because the team had star players who used to play in Dai Tokyo, Lion and Asahi Gun. This is a team name rather than a nickname. At that time, some team used their team names as their nickname, and some had nicknames. You can think that the name Gold Star is a really useful one which works as a name and a nickname. The team was renamed as Kinsei Stars in 1947. Kinsei means Venus in Japanese but the name Kinsei was not “Venus stars.” Kinsei was Japanese translation of “gold star” so the team name actually means “gold star Stars.” At that time, nobody cared even if the team name was incoherent.
Daiei Movie got the management rights in 1949 and renamed the team Daiei Stars. It was combined with the Takahashi Unions due to Takahashi’s financial difficulties in 1956. At the same time, the team name became Daiei Unions. Therefore, the nickname, Stars, disappeared. Furthermore, the team was combined with Mainichi Orions in 1958 and became Omai Orions.



SWALLOWS(スワローズ)
【国鉄1950年〜65年、サンケイ65年、ヤクルト74年〜】

 1950年の2リーグ分裂時、一番最後に登場したのが国鉄スワローズだった。東京鉄道局など、日本各地に有力な社会人野球のチームがあった国鉄は、合理化などでギクシャクした労使関係の円滑化と、職員に夢を与えようというコトで、これらを母体に球団を結成し、1月11日セ・リーグに8番目の末っ子球団として加盟した。
 ニックネームは国鉄職員に配られていた交通新聞で社内公募が行われ、選ばれたのがスワローズだった。これは当時、東海道線を走っていた特急つばめ号から命名されたというのはすでに有名ですが、他にもいくつかの国鉄らしい妙案があったそうだ。具体的な例としては、そのままズバリのレールウェー。職員の必携品のホイッスル。それからサービスなんていうのがあったんですが、なんだか外国語だったら、なんでもいいって感じである。一方、日本語案もありまして、こちらは弁慶、キリバス。弁慶、つまり機関車の弁慶号からとったワケですが、キリバスは国鉄のマークであった桐を意味していたらしい。
 けっこう当時の国鉄職員は球団ニックネームの公募を楽しんでいたようですね。
 しかしその後、国鉄本体の経営が苦しくなり、65年に産経新聞に球団が譲渡され、ニックネームはアトムズに変更されてしまう。そしてさらに70年には産経新聞からヤクルトに球団が譲渡されたが、しばらくはアトムズを名のっていた。
 ところが74年からニックネームは再び元のスワローズに戻され、オールド・ファンを喜ばせた。

Swallows (Kokutetsu 1950-1965, Sankei 1965, Yakuruto 1974- )
Kokutetsu Swallows was the last team made after the division into two Leagues. Kokutetsu (Japan Railroad) had several strong non-professional baseball teams, like Tokyo Tetsudo Kyoku, all over Japan. Kokutetsu made a new team based on those teams for the purpose of smoothing the industrial relations and motivating its employees.
The nickname was chosen from among the suggestions from employees. It is alleged that “Swallows” had its origin in the name of a limited express, Tsubame Go (Swallow) which ran through the Tokaido line at that time. There were some other candidates for the nickname. For example, there were Railway, Whistle, and Service. They wanted to have a foreign language nickname. They also had Japanese ones like Benkei (from the name of the steam train) and Kiribasu (from the company symbol of Japan Railway). It seems like the employees really enjoyed thinking about the team’s nickname.
After a while, Japan Railways experienced financial difficulty and sold the team to Sankei Shinbun in 1965. The nickname was changed to Atoms. In 1970, the team was sold to Yakuruto but the nickname remained for a while. The old nickname Swallows was revived in 1974. That made its old fans very happy.