ORIONS(オリオンズ)
【毎日1950年〜57年、大毎58年〜63年、東京64年〜68年、ロッテ69年〜91年】 
 

 1950年の2リーグ分立の大きな要因となったのが、毎日新聞社の球団の日本野球連盟加盟問題だった。
 連盟内の阪急、南海、東急といった電鉄会社グループは、毎日新聞を入れるコトによって、独善的な態度の目立つ読売新聞を牽制しようと思っていた。しかしこれに読売、中日の新聞社グループが強硬に反対。
 結局、日本野球連盟は解体し、セ・パ両リーグに別れるコトになってしまった。
 そんなゴタゴタの中から誕生した新生毎日球団はニックネームを毎日新聞紙上で公募するコトにした。
 その結果、なんと空前絶後の40万通もの応募があり、イーグルス、ライオン、コンドル、エレファンツなどの有力候補の中から、第5位のオリオンズが選ばれた。
 ギリシャ神話のホメロスが「最も美しく偉大な狩人」と称えたオリオンは星座としても有名で、毎日新聞の社章も星であったコトから選ばれたという。
 ちなみに、このときの40万通という数字は、球団ニックネームの公募では、今だに破られていないギネス的な数字だ。
Orions (Mainichi 1950-1957, Omai 1958-1963, Tokyo 1964-1968, Lotte 1969-1991)
The issue of Mainichi Shinbun joining the Japan Baseball Association was the main cause of the separation into two Leagues in 1950. Train company groups like Hankyu, Nankai and Tokyu, tried to check the self-righteous Yomiuri Shinbun, but the Newspaper company group, Yomiuri and Chunichi was strongly against this. As a result, the Japan Baseball Association was divided into a Central League and a Pacific League.
The new Mainichi team offered public subscriptions for the nickname in the newspaper. They got a tremendous number of responses --- about 400, 000. They chose Orions from among the leading candidates like Eagles, Lion, Condor and Elephants. Orions got the fifth highest number of subscriptions.
Orion, which Homer praised as the most beautiful and greatest hunter of the Greek myths, was also famous as a constellation, and the nickname was chosen because Mainichi Shinbun has a star on their company’s emblem.
The number of subscriptions、400, 000, remains the highest to date.