LION(ライオン)
【大東京1937年、ライオン37年〜40年】


 ライオンズではなくライオンである。これを厳密にニックネームと言っていいのかどうかはよく分からないのだが、1937年の3月、球団の内紛から国民新聞社が経営から手を引いたため、創設二年目の大東京軍は資金難に陥り、スポンサーを探すコトになった。候補として選んだのは当時、新聞紙上で大々的な広告活動をしていたメンソレターム(近江兄弟社)、味の素、わかもと、ライオン歯磨本舗小林商店の4つの会社だった。
 実際に交渉を開始すると、どの会社も乗り気になったが、ユニフォームの胸マークにメンソレタームや味の素と入れてもらいたいという条件があった。メンソレータムなら、まだ英語だけど、味の素はつらいよなぁ。
 ただしライオン歯磨本舗小林商店は胸マークはアルファベットのライオンだけで良いという好条件(?)を提示してくれたため、月額800円でスポンサー契約を結ぶコトになる。ちなみにこの金額で当時は選手の人件費の半額が賄えたという。
 そして37年の8月31日に大東京軍はライオンと球団名を改称する。
 ところがその後、日本は戦時体制下となり、40年の9月12日、日本職業野球連盟は自主的に英語使用禁止を決定する。しかしこの決定に抵抗したのがライオンのオーナーの田村駒治郎だった。
 彼はスポンサー契約の関係で、どうしてもライオンの名前を変更するワケにはいかず、結局「ライオンは日本語だ」と言い張り、40年のシーズン終了まで球団名をライオンで押し通した。
 だが結局、翌41年にはライオン歯磨との契約を解消、球団を東京から自分の拠点である大阪に移転、球団名も漢字で朝日軍と改称した。これは自ら経営する太陽レーヨンから命名したと言われている。

Lion (DaiTokyo 1937, Lion 1937-1940)

I am not sure if I can say this is a nickname or not. On March 1937, the sponsor, Kokumin Shinbun withdrew from the team because of internal trouble. As a result, DaiTokyo team had a financial difficulty. They looked for a new sponsor and found four candidates for that. They were Mentholatum, Ajinomoto, Wakamoto, and the Lion toothpaste company Kobayashi Shoten. All the companies were keen to be a sponsor, but Mentholatum and Ajinomoto held to the condition that their company name be on the chest of the uniform. The Lion Toothpaste Company said they wanted only their name on the uniform, so they signed the contract with 800 yen for a year. 800 yen covered about half of the labor cost at that time. On August 31 in 1937, the DaiTokyo team was renamed "Lion". On September 12, 1940, the Japan Professional Baseball association voluntary outlawed English nicknames. Mr. Komajiro Tamura, the owner, was strongly against this decision. He could not change the team name because of the sponsor contract. He insisted that the Lion is Japanese and kept the team name.
In 1941, they didn't renew the contract and moved the team from Tokyo to Osaka. They also changed their name to Asahi (Rising Sun). It is said that the name came from their parent company Taiyo Rayon.




 LIONS(ライオンズ)
【西鉄1951〜72年、太平洋クラブ72〜76年、クラウンライター77〜78年、西武79年〜】
 

 2リーグ分立からわずか1年後の1951年、西鉄クリッパースと西日本パイレーツが合併し、新たなスタートを切るコトになった。
 新球団は新ニックネームを公募、賞金は5万円で西日本新聞紙上で募集が行われた。応募総数は5万3000通。西鉄クリッパースの公募に20万通の応募があったコトから考えると、その四分の一程度。一年前にもやっているので、ファンも飽きてしまったというコトなのだろうか。
 しかしそれでも五万通以上。人気はあった。
 その結果、採用されたのがライオンズである。
 当時の野球雑誌に目を通すと「弱小球団がふたつ集まってライオンズとは、名前負けしなければいいが」みたいな論評が載っていたりする。公募で届いた案の中には2球団の合併に引っ掛けて、アベックなんて案もあったという。そしてライオンというニックネームに、あのライオン歯磨もタイアップに乗り出してきたが、戦前のように資金援助ではなく球団旗を寄贈したそうだ。
Lions (Nishitetsu 1951-1972, Taiheiyo Club 1972-76, Crown Lighter 1977-1998, Seibu 1979- )

In 1951, only a year after the division of Japanese baseball into two Leagues, the Nishitetsu Clippers and Nishi Nihon Pirates were combined and became a new team. They invited the public to choose its nickname in the Nishi Nihon newspaper. The prize was 50000 yen. They got 53000 subscriptions, about one fourth of the Nishitetsu Clippers' open competition. However, they had also had a public appeal only a year before, so the fans might have been bored. Still, they got more than fifty thousand votes. The team was popular. "Lions" was chosen as the nickname. There were critics in baseball magazines at that time, who said that they hoped the team live would up to its strong name since it was the combination of two small and weak teams. One of the ideas for the nickname was Avec (meaning "combine" in French) since the new team was made from two teams. Also, the Lion Toothpaste Company offered an affiliation, but this time, they just donated a team flag.