HAWKS(ホークス)

【南海1947年〜88年、福岡ダイエー89年〜】
 

 1947年6月1日、シーズン途中にもかかわらず近畿グレート・リングは南海ホークスというチーム名で新たに再出発するコトになった。
 ニックネームのホークスは南海電鉄の社員から募集して決定。この時代の南海電鉄の社章にスピードを表す羽根がついていたためニックネームは鳥で行こうというコトになったという。当時、監督だった鶴岡一人さんの自叙伝、『御堂筋の凱歌』(ベースボールマガジン社刊)って本によりますと、このときホークスとは別に、コンドルという強力な案もあったそうだ。ところが当時の球団代表がハゲ頭だったために、ハゲ鷹はまずかろうというコトで、結局、ホークスに落ち着くコトになった……。と、いうのは、生前の鶴岡一人さんの定番ギャグで、この話、いろいろな野球雑誌の鶴岡インタビューに登場している。
 そしてこのときチームカラーもグリーンと決定した。
 このグリーンは当時の南海電車の色から採用されたそうだが、常に緑のように生き生きとあれという願いも込められていたという。
Hawks (Nankai 1947-, Fukuoka Daiei 1989- )

On June 1, 1947, Kinki Great Ring made a fresh start with a new name, Nankai Hawks, even thought it was the middle of the season. The nickname was chosen among subscriptions from employees. Nankai Dentetsu[Electric railway] has a feather in their symbol mark which represented speed. That is why they chose a bird mascot. There is a joke by a manager of the team at that time. His name was Kazuto Tsuruoka. He said in his book, "Midosuji no gaika(Triumphal Song on Midosuji)," that there were two candidates for the nickname at that time, Hawks and Condor. However, the representative of the team was bold, so they thought Hawks was better. You can see the same story in several of Tsuruoka's interview. The team color was decided as green at the same time -- from their color of the trains. They also hoped to "be lively like fresh green trees."