GIANTS(ジャイアンツ)
【東京1935年〜46年、読売47年〜】
 

 1934年の12月26日、ベーブ・ルースなどが参加したアメリカ大リーグ選抜チームと対戦した全日本チームを母体として大日本東京野球倶楽部が創設された。この球団の結成がきっかけとなって2年後の36年2月5日に日本で最初のプロ野球機構である日本職業野球連盟が発足する。
 しかしまだ、プロ野球機構創設が準備段階だった35年2月14日、このチームは武者修行のために、アメリカ遠征に出かけるコトになった。
 当初、日本でも金鵄、トンボというニックネーム案などが考えられていたが、このとき世話になった元メジャーリーガーで、倶楽部の顧問でもあったフランク・オドールによって、彼が所属していたニューヨーク・ジャイアンツにちなんでジャイアンツというニックネームがつけられた。
 ニューヨークのジャイアンツは背の高い選手が多かったためにこのニックネームになったのだが、東京のジャイアンツで背が高かったのは6尺3寸5分のスタルヒンくらいだった(あとからジャイアント馬場が入団するが、ずいぶん先の話だ)。そして日本名は東京巨人軍となり、のちにこれが球団の正式名称となる。
 日本のプロ野球界で唯一この球団だけが、ニックネームを日本語に訳した巨人が、現在も通称として使われている。
Giants (Tokyo 1935-46, Yomiuri 1947-)

On December 26, 1934, Dai Nippon Tokyo Baseball Club was established based on an All Japan baseball team which competed with a selected visiting American Major League team. With this as a start, the Japan Professional Baseball association was formed on February 5, 1936. On February 14 in 1935 when the association was still getting ready, the team went to America to perfect their sills. At first, there were some ideas for the nickname in Japan, but the team was nicknamed the Giants by Frank O'Doul, who was an advisor and took care of the team in America. He used to be a star player on the New York Giants in the Major League, so he nicknamed the new team after the New York Giants. (The New York Giants was nicknamed Giants because they had many tall players. The Tokyo Giants had only one tall player!) Its Japanese name was Tokyo Kyojin. It became the team's official name later. Tokyo Kyojin is the only team in today's Japan major league association which still uses their Japanese nickname.



GREAT RING(グレート・リング)

【近畿日本1946年〜47年】


 戦時中の1944年、鉄道統制令で南海電鉄と近畿日本鉄道が合併、球団の南海軍の名称は近畿日本軍となった。そして戦後の46年、プロ野球の復活と共に近畿日本軍も近畿グレート・リングという名称で復活する。
 グレート・リングというのは、大きな車輪という意味で、鉄道の大会社である親会社を表し、強大さとチームワークの和、そして日本を表す大和という意味も込められていた。
 ところがこのニックネーム、当時、日本に進駐していたアメリカ兵たちに予想外の馬鹿ウケをしてしまう。
 実はグレートリングというのは、アメリカのスラングでは女性の下半身を意味していたのであった。
 当時の球場にはアメリカ兵士たちが、けっこう詰めかけていた。彼らは「グレート・リング」というチーム名が出るたびに笑い転げていたという。この話はユニフォーム物語のページにも書いているけど、このページの性格上、話がだぶってしまうのはしょうがないのでご容赦を。
 ちなみに当時の野球雑誌に載っているユニフォームの写真を見ると、「グレート・リング」とカタカナで書かれた袖章が観察出来る。どうも正式名称はグレートとリングの間に中黒が入っていたようです。そして1シーズンはこのニックネームで押し通し、翌47年のシーズン途中、親会社が元の近畿日本鉄道と南海電鉄に別れたため、新たに南海ホークスと名のるコトになった。
Great Ring (Kinki Nihon 1946-47)

In 1944 during the war, Nankai Dentetsu and Kinki Nihon Tetsudo were conbined under government control. As a result, the Nankai Baseball team became the Kinki Nihon Baseball team. When the professional baseball league reopened in 1946, the team came back with a new team name, Kinki Great Ring.
Great Ring represents the parent railway company and denotes the strength and harmony of the team. It also meant Yamato, Japan.
However, this nickname attracted the attention of American soldiers in the Occupation Army because "great ring" was American slang referring to the lower part of the female body. In those days, many American soldiers enjoyed baseball at the stadium. They laughed a lot every time the team name was mentioned.
I can see the Great Ring uniform in an old baseball magazine photo. They had their team name in Katakana on their left sleeves. They wrote their name "Great・Ring." In 1947, their parent company was divided into two companies, Kinki Nihon Tetsudo and Nakai Dnetetsu again, so the team was renamed the Nankai Hawks.