DRAGONS(ドラゴンズ)
【中日1947年〜50年、名古屋51年〜53年、中日54年〜】 


 1936年の1月15日、愛知県の地方紙である新愛知(現中日新聞、のちに名古屋新聞と合併)が主導して大日本野球連盟・名古屋協会が発足した。そして翌36年には日本職業野球連盟創設に参加する。
 創設当時、この球団にニックネームはなく、通称は名古屋軍だった。
 しかし戦後の47年、日本野球連盟の方針で各球団はニックネームを採用するコトになり、この時はじめてドラゴンズというニックネームが登場した。別に公募が行われたワケではなく、社内で検討され、親会社中部日本新聞社の杉山虎之助社長が辰年だったためドラゴンズとなったと言われている。
 以前、ドラゴンズOBの杉下茂さんから聞いた話では、当初、杉山社長は「ワシは虎だからタイガースにせい」と言ったと言われている。しかし「社長、タイガースはもう大阪が使っています」と説明されると、「それじゃぁ、ワシの干支は辰だから、ドラゴンズだ」というコトになったという。
 杉下さんは「まったくバカバカしい話だ」と言っておられたが、今なら間違いなく、球団の私物化と言われて大顰蹙モノだろう。
 だけどこの時代は他球団でも、オーナーの田村駒治郎の駒の字から、駒鳥のロビンスをニックネームにした太陽ロビンスもあるし、こんなのは当たり前だったようだ。当時の野球雑誌を見ても、誰も問題にするコトなく、「社長の干支からドラゴンズに決定」とあっさり書いてあった。
 つまり今は、それだけプロ野球は公共性があって、ファンのモノになっているってコトなんでしょうね。

Dragons (Chunichi 1947-1950, Nagoya 1951-1953, Chunichi 1954- )

On January 15, 1936, Shin Aichi (first called Chunichi Shinbun, combined with Nagoya Shinbun later) took the lead to form the DaiNihon Baseball Association Nagoya branch, and joined the Japanese Professional Baseball Association. The nickname was chosen without public input. It is said that the reason was the president of the parent company, Chubu Nihon Shinbun, Toranosuke Sugiyama, was born in the dragon year of the Chinese zodiac. Some heard the story about that from Shigeru Sugishita who is a former player of Dragons. Mr. Sugiyama said that the president told them to name the team Tigers because his name was Toranosuke[Tora=Tiger], but Osaka had already taken that nickname. Then, he told them to make it Dragons since he was born in the year of the Dragon. Mr. Sugishita recalled that it was an unusual story. If it had happened now, the president would of course be accused of treating the team as his own toy! But at that time, it was considered natural for executives to be so dictatorial and caused no problem.