CARP(カープ)
【広島1950年〜67年、広島東洋68〜】
 

 もともと広島は野球の盛んな土地柄で、地元の野球好きは自分のところの出身者だけで、チームを作れば強力なプロ球団が出来ると思っていた。
 戦後、原爆による壊滅的な打撃から立ち直ろうとしていた広島ではプロ野球球団を誘致するコトで、今で言うところの町おこしを考える。1949年の9月28日、2リーグ分立に揺れる日本野球連盟に広島市、広島県、中国新聞社などが結成した市民球団、広島カープが加盟を申請した。
 ニックネームのカープの名付け親は広島県出身の政治家である谷川昇で、この人はアメリカ、ハーバード大学を卒業した英語の堪能な人だった。ところがどういうワケか、野球チームは選手の集団であるから、複数形でなくてはおかしいというコトになり、カープはカープスに改められた。しかし新聞紙上などでこのニックネームが使われ出すと、広島大学の教授や学生たちからカープはシープ(SHEEP)などと同じ単複同形で、複数でもSはつかないと指摘され、慌てて元に戻したなんて話も伝わっている。
 しかしそれもあまり徹底していなかったのか、福岡平和台球場で行われたセ・リーグ開幕戦の選手入場式で、掲げられたプラカードは「広島カープス」になつていた。
 さて、そんなカープ以外のニックネームの候補としては、レインボー(虹)、アトムズ(原子爆弾)、ブラックベア(黒熊)、ピジョン(鳩)、グリーンズ(緑)などいろいろな案があったと言われている。しかし虹はすぐに消えてしまうし、原子爆弾はノーモア広島という意味で考えられたのだが、球団のニックネームとしてはちょっと深刻すぎた。ブラックベアは強そうだが雰囲気が暗い、ピジョンは平和都市にふさわしいが力強さに欠ける。グリーンズは有力だったけど、結局、鯉は滝のぼりをする出世魚で、広島市内を流れる太田川は鯉の産地、しかも広島城は鯉城とも呼ばれていたため、これ以上の名前はないというコトでカープ(鯉)が選ばれた。
 ちなみにグリーンズは、のちにセ・リーグが結成した二軍のリーグ、新日本リーグに参加した広島の二軍のニックネームとして採用されている。
 カープの命名者、谷川昇は「文献によると、鯉は諸魚の長となす。形既に愛す可く又神変乃至飛越をよくす、とある。また己斐は鯉から転化したものであり、恋にも通ずる……」と鯉の由来について語っていたそうだ。

Carp (Hiroshima 1950-1967, HiroshimaToyo1968-)

Hiroshima originally had many people who like baseball and they had thought if they made a professional baseball team only with people from that place, it would be a strong one. After the War, Hiroshima was recovering from the damage by the atomic bomb. Inviting a professional baseball team was one of the initiatives of the recovery. On September 28, 1949, the Hiroshima Carp joined Japan Baseball Association. The team was a civic baseball team created by Hiroshima prefecture, Hiroshima city and the Chugoku Newspaper. Mr. Noboru Tanigawa nicknamed the team. He was a politician from Hiroshima, fluent in English, who had graduated from Harvard. The nickname was temporarily "Carps" because some people said the nickname has to be plural. However, like "Buffalo", Carp has the same form for singular and plural in English so the nickname was changed back to Carp again. There were other candidates for the nickname like Rainbow, Atoms, Black Bear, Pigeon and Greens. They were not considered appropriate because a rainbow can disappear soon, Atoms was too serious for people in Hiroshima at that time, Black Bear seemed strong but its image wasn't so nice, Pigeon was good as a symbol of a peace city, but it didn't seem strong. Greens was good but Carp was better because the Ota River which runs through Hiroshima was famous for carp and Hiroshima castle was called Carp castle. Also, carp is the fish that are called by different names as they grow larger. The nickname, Greens, was used for another team later.
Mr. Tanigawa talked about the origin of carp; "According to documentary records, carp is the king of the fish. It also has several other meanings."



CLLPPERS(クリッパース)

【西鉄1950年】


 2リーグ分立の年に球団を新設してパ・リーグに加盟した西日本鉄道は、さっそくニックネームを社外の一般ファンから募集した。
 応募総数はなんと20万通を越え、その中から第1位を占めたクリッパースが採用された。
 クリッパーというのは当時パンナムが使用していた飛行艇の名前で、西鉄はパンナムの代理店だった。それからこの時代メジャーリーグの大スターだったジョー・ディマジオもヤンキークリッパーというニックネームで、当時の野球ファンの間ではよく知られていた。おそらくファンはそれらの事情をよく知った上で応募してきたのだろう。ちなみに公募で集まったニックネームの第2位は僅少差でタイフーン(台風)、3位はクレーンズ(鶴)などがあったそうだ。
 しかし翌年、西鉄クリッパースはセ・リーグの同じ福岡をフランチャイズとする西日本パイレーツと合併するコトになって、ニックネームはライオンズと改められ、クリッパースはわずか1年のみの短命ニックネームとなってしまった。
Clippers (Nishitetsu 1950)

Nishi Nihon Tetsudo joined the Pacific League in the year that they started to have two leagues and offered public solicitations for the nickname. Clippers got the most votes of the 200,000 cast.
Clipper was the name of the plane which Pan American Airlines used. Nishi Nihon Tetsudo was the agency for Pan American Airlines. Also, the star player Joe DiMaggio, whose nickname was "The Yankee Clipper" was well known by baseball fans. That is why "Clippers" got the most votes. Typhoon was the second place choice. The third one was Cranes.
The following year, Nishitetsu Clippers was combined with Nishi Nihon Pirates which also had their home ground in Fukuoka and the new team was nicknamed Lions. Clippers was used only for a year.