東映フライヤーズを日本一にした球団代表。
背番号のない男
石川春夫著
1962年 現代ブック社刊



 戦後すぐに誕生したセネタースは47年からは東急電鉄の資本が入り東急フライヤーズと名称を改めた。この球団で活躍したのが大下弘選手である。彼の緑色がかったブルーに塗られた青バットは、読売ジャイアンツ川上哲治選手の赤バットと共に戦後日本の象徴となった。
 しかし52年、大下選手が西鉄ライオンズへトレードで去ると、スター選手不在のフライヤーズは坂道を転げ落ちるように人気も実力もイマイチの弱小球団となってしまった。
 54年には東急から東映に親会社が変更。これは身売りではなく、東急の重役だった大川博オーナーが子会社東映の社長に就任したため、オーナー丸ごとの会社移籍であった。
 東映フライヤーズとなった54年から球団代表を務めたのが「背番号のない男」の著者、石川春夫氏である。
 それにしても就任当時の弱小球団時代の話はつらい。チームが負けるたびに自宅に抗議電話をよこし罵声を浴びせる心ないファン。それは本社も同じで、「代表が出たあとで社長室に入るのはつらいなア。社長の機嫌をすっかり悪くしてしまうから、ぼくたちがたまらない」なんてことを言う元同僚や、彼らが激励のつもりで言う一言にも球団代表の心はいたく傷ついた。
 しかし弱小球団の球団代表には夢があった。
 それはいつか球場を満員にしたいという夢だ。
 当時のフライヤーズの本拠地は駒沢球場。周辺は畑の広がる田園地帯。交通の便は悪いし、強風の日には砂嵐に見舞われ、風向きによっては肥やしの匂いも漂うような球場だった。もちろん球場にナイター設備もない。観客を集めるという意味では条件は最悪だった。
 でもそんな球場に球団代表はナイター設備の設置を計画し推進する。さらにチームの戦力アップのために、若い才能ある選手を発掘しようと、あらゆる手を尽くした。
 そしてナイター設備が完成する。駒沢球場のナイター第一戦はトンボユニオンズとの試合だったが、代表は無理がたたって病に倒れる。しかしそれでも初のナイターをこの目で見るために、病床から駆けつけ、はじめて満員となったスタンドを万感の思いで見つめた。
 そして石原代表の集めた若手選手たちが成長し、「駒沢の暴れん坊」の時代やって来た。荒削りながら大物食いの若いチームはたちまち評判となり観客が集まりだした。
 ところが好事魔多し。東京オリンピックの開催で駒沢球場の敷地は競技会場となるため球場の廃止が決定。工事開始の62年から本拠地球場がなくなってしまうことになってしまったのだ。
 同じ東京の後楽園球場はジャイアンツと国鉄スワローズ、それに大毎オリオンズの三球団が使用中で入る余地がない。そこで思いついたのが神宮球場の使用だった。
 だがそこは創設以来の学生野球の金城湯池である。しかも管轄しているのは国でも東京都でもなく明治神宮。交渉するにも敷居の高い手ごわい相手であった。
 しかし球団代表は神宮球場にナイター設備が出来るという情報をキャッチし、明治神宮の外苑部と折衝、大学野球側の激しい抵抗にあいつつも、ついに62年の来シーズン、学生野球が使用しない6月から9月の時期の使用を認めさせた。
 ところがジャイアンツから水原茂監督を迎えたフライヤーズはシーズンが終わると2位の成績だった。なんと翌62年の開幕権が転がり込んできてしまったのである。絶対的な上司である大川オーナーが代表に突きつけた意向は、来期は神宮での開幕だった。
 ところが開幕戦が行われる4月は学生野球のシーズンである。
 再び交渉は一からのやり直しとなった。
 球団代表は奔走を開始するが、ここで妙案が浮かぶ。
 駒沢球場をオリンピックの会場にするために取り上げたのは東京都だった。代表は都知事に神宮開幕戦の口ぞえを依頼。負い目のある都知事はそれを引き受け、明治神宮と大学野球側を説得。プロ野球の神宮球場への本格的進出が実現した。
 62年の4月7日、学生野球のメッカ神宮球場ではじめてプロ野球の開幕戦が行われた。それは5万5000人の観客を集めた東映フライヤーズと大毎オリオンズのパ・リーグ開幕戦で、観客動員は同じ日に後楽園で行われたジャイアンツ対阪神タイガース、国鉄スワローズ対大洋ホエールズの変則ダブルヘッダーのセ・リーグ開幕戦を上回っていた。
 そしてこの年、神宮球場をフランチャイズにしたフライヤーズがパ・リーグを制覇。日本シリーズも神宮で行われ、阪神タイガースを撃破してかつての弱小球団は日本一に昇りつめたのである。
 フライヤーズ、ファイターズの創世記を知りたい人には、まさに必読の書である。

綱島理友の古本野球史 第8回

 ●入手したい方は
  アマゾンで古書が入手可能。