日本人メジャーリーグ通第一号のアメリカ野球ガイド。
 アメリカ野球史話
 鈴木惣太郎著
1966年 ベースボール・マガジン社刊



 
読売巨人軍の良心。
 この本の著者である鈴木惣太郎という人を、私は常々そう評価している。
 1890(明治23)年生まれの彼は、早稲田大学で野球選手を目指したが、結核を患い断念。その後、早稲田を中退し、大倉高商(現東京経済大学)に学び、卒業後、貿易商社の小松商店に入社して、ニューヨーク支店長となった。
まだアメリカ野球も大リーグのナショナル・リーグとアメリカン・リーグの2大リーグ制が成立して間もない時期だった。ワールドシリーズでの八百長事件、いわゆるブラックソックス事件が起こったのが1919年。しかし信頼を失いファンが離れようとしていた大リーグを救ったのが、ベーブ・ルースの放つ豪快なホームランだったという話は有名だが、それを目の当たりにした数少ない日本人のひとりが鈴木さんである。球場に足しげく通い、大リーグに知人も多い彼は、まさに日本人メジャーリーグ通の第一号だった。
 ニューヨーク支店長在任中に、アメリカ野球の素晴らしさを東京日日新聞に「紐育通信」というコラムで連載し、これが「米国の野球」という一冊の本になる。そしてのちに読売新聞社社長の正力松太郎の目にとまり、読売新聞入社のきっかけとなった。
 日本のプロ野球創設の端緒となった34年の日米野球で、来日を躊躇するベーブ・ルースを説得して連れてきたのも彼だし、このときの全日本チームを母体に結成された大日本東京野球倶楽部(現読売巨人軍)のアメリカ遠征に随行し面倒をみたのも彼だった。
 プロ野球の創設期、鈴木さん以外でも、現地アメリカで本場の野球を見てきた人たちが数多く参画している。たとえば巨人軍関係者だけでも、大日本野球倶楽部から就任した初代監督の三宅大輔、二代目の浅沼誉夫なども、アメリカで実際に大リーグを見聞してきた人たちだった。
 彼らが提唱していたのは、日本もアメリカにならって、各都市にチームをつくるという地域密着型のフランチャイズ制。現在の正論をすでに創設当時から提唱する人は提唱していたのである。
 しかしその前に立ちはだかったのが、正力社長の現実論。
 親会社の宣伝媒体として利用することで球団を成立させるという方法論だった。
 現在、地域密着型の球団運営は、時代の趨勢になっているけれども、まだ日本球界には親会社の宣伝媒体としての機能のみの球団も残っている。その代表はやはり読売巨人軍だろうか。
 数年前、ビジター用ユニフォームの胸マークにTOKYOにかわってYOMIURIの文字が登場したときには、これを鈴木惣太郎が見ていたら悲しむだろな、と、ふと思ったりした。
 三宅さんも浅沼さんも監督という立場だったので、監督を辞めた後は読売新聞を去っていったが、鈴木さんは球団や正力松太郎の下で野球機構の仕事などを続けていった。
 そんな中でアメリカ野球の歴史についての執筆も続けていた。
 で、戦後すぐに出版されたのが「米国野球百年史」という本。そしてこの本をもとに加筆して、新たに66年に出版されたのが「アメリカ野球史話」というこの本だった。野球の起源などについては、現在は研究が進んだので、今の定説とはずいぶんと違う部分もあるが、多方面から野球の発展をきめ細かく追っている。
 それにしてもドジャースをダジャース、テレビをテレヴィ、ブラック・ソックスをブラック・サックスなど、英語の日本語表記だけでも、戦前の洋行帰りのモダンボーイらしい人柄も伝わってくる一冊である。

綱島理友の古本野球史 第9回

 ●入手したい方は
  アマゾンで手ごろなお値段で古書が入手可能。